THE 31st 
ウエストウインズジャズオーケストラ
定期コンサート


神戸東灘うはらホール

2014.1.18.(SAT)

毎年のことながらコンサートの開催日は公営ホールの性質上、抽選でとることになっています。
ですからなかなか自分たちの希望日を取ることができません。
 ここ最近は1月に開催することが多くなっているのですがなんと偶然にも一昨年、昨年に続き今年もまた
同じ兵庫のアマチュアビッグバンド“メイトジャズオーケストラ”の定期コンサートの日と重なってしまいました。
アマチュアビッグバンドファンの方には誠に申し訳ありません。
ですが今回もまた大勢の方にお越しいただきました。ありがとうございます。
 2011年の東日本大震災という未曾有の災害、私達は多くの素晴らしい日本人の絆を感じました。
なかなか復興のお手伝いはできませんが同じ日本人ミュージシャンを応援するという気持で昨年に引き続き
“今日本人ミュージシャンの作品がおもしろい”
と題して日本人の作品、アレンジを今回も多く採り上げてみました。

YOU TUBE をクリックしていただきますと当日の演奏画像を見ることができます。



第一部

オープニングテーマ“1.Take the “A”Trainの後はいつも緊張しまくりのリーダー中田のMC

2.Alice in Wonderland/不思議の国のアリス
(前田憲男編曲)


ディズニーヒップドジャズというアルバムから前田憲男氏のアレンジによるナンバー
ソロはトランペット宮田賢明・テナーサックス栗田彰。



3.Everybody want to be a Cat/みんな猫になりたいのさ
(前田憲男編曲)


同じくディズニーヒップドジャズより最初はブルージーなムードから
一転ラストはデキシーになる前田憲男氏のアレンジ。
ソロはバリトンサックス小川勝廣・トランペット宮田賢明・アルトサックス左野麗香。



4.Sing /シング
(横尾昌二郎・編曲) →YOU TUBE


ウエストウインズに高校生時代から在籍、今やプロミュージシャンとして広く活動している
横尾昌二郎が自身の作品や編曲したナンバーを演奏するためビッグバンド、
Yokoo.B.B!を立ち上げました。
ここで演奏しているナンバーからウエストウインズも演奏させていただきました。
カーペンターズの作品をカウントベイシーバンドの“ストライクアップザバンド”風にアレンジ、
ソロはテナーサックス栗田 彰・トランペット横尾昌二郎。



5.Jungle Boat/ジャングルボート
(大友孝彰作曲/横尾昌二郎編曲)→YOU TUBE


横尾昌二郎ら関西の5人の若手ミュージシャンで活動、すでに4枚のCDを出している
ジンジャーブレッドボーイズのピアニスト大友孝彰氏の作品を
横尾昌二郎がビッグバンドにアレンジしました。
ソロはフルート中田正一郎・トランペット原田拓子。



6.Stella by Starlight/星影のステラ
(守屋純子オーケストラ/守屋純子編曲)


このところずっと採り上げている守屋純子オーケストラより
守屋純子さんのアレンジによる有名なスタンダードナンバー。
ソロはトランペット宮田賢明・トロンボーン磯谷昌利



7.Maple/メイプル
(守屋純子オーケストラ/守屋純子作曲→YOU TUBE


毎年守屋純子さんは石川県能登へ子供たちにジャズを教えに行かれているそうですが
この“Maple”はその能登の七尾市出身の長谷川東伯の代表作である
「楓図壁貼付」(京都智積院障壁画国宝)をみて書かれた作品です。
ワルツのリズムに合わせて日本的な雰囲気を漂わせた情緒あるメロディ。
ソロはピアノ山垣健・ソプラノサックス武藤浩司。



8.Cherokee/チェロキー
(クリスウォルデンビッグバンド) →YOU TUBE



一部最後のみ海外の作品。アップテンポのスタンダードナンバー
ソロはアルトサックス武藤浩司・トランペット横尾昌二郎。





休憩タイム!





さて第2部
1部とは雰囲気をがらりと変えてリラックスした、そしてパワフルなステージがスタート
1.I Wish/回想
(熱帯ジャズ楽団)→YOU TUBE


スティービーワンダーの人気ナンバー、熱帯JAZZ楽団のスタイルで。
途中、リズムセクションは跳ぶわ、ブラスセクションは左右に振るわなど
ホールならではのパフォーマンスをお楽しみいただきました。
バンド自身も楽しみながら演奏できました。
途中にスイングに変化したり迫力あるソロはトロンボーン磯谷昌利。
 


ここで恒例のメンバー紹介、総勢21名。
そして女性ボーカル、昨年はブラックでしたが今年は白いドレス、稲田裕加里の登場。
 
2.Old Devil Moon/オールドデビルムーン→YOU TUBE

 この曲は何年か前に演奏したことがあるのですがアレンジがおもしろいので再度採り上げてみました。
16ビートと4ビートスイングの混ざったアレンジでサックスセクションのアンサンブルは
全員でセンターで演奏しました。それにしても暗譜での演奏はきつい!
5人中3人はいい歳ですので(悲)


 
3.Night and day/夜も昼も
(守屋純子オーケストラ)→YOU TUBE

ボーカルナンバーで守屋純子さんのアレンジ。

 
4.It don't mean a Tihing/スイングなけりゃ意味ないね
(フランクマントゥース)→YOU TUBE


ボーカルナンバーでラテンとスイング入りまじったごきげんなアレンジ。
ボーカル、楽器とのユニゾンスキャット、トロンボーンソロは
ウエストウインズのエンターティナー大林登・トランペットソロは原田拓子。
 



5.Liberty City/リバティシティ
(熱帯ジャズ楽団/青木タイセイ編曲)→YOU TUBE


ジャコパストリアスの作品で熱帯JAZZ楽団のトロンボーン,青木タイセイさんのアレンジ。
ソロはアルトサックス武藤浩司・トランペット横尾昌二郎・コンガ石田勇二・ティンバレス石井晶。


 
6.Get out and get under the moon/月光価千金
(熱帯ジャズ楽団)→YOU TUBE


古くは“エノケン”の唄でもおなじみ月光値千金。比較的“静かな”ラテンアレンジです。
ソロはバストロンボーン兵頭哲二とトロンボーン原尾真吾のバトル、
珍しい楽器、ソプラニーノサックス栗田彰とエスクラリネット中田正一郎のバトル。
そして通常とは違う組み合わせのコンガ石井晶とティンバレス石田勇二、ラストはベース菅沼威




 
7.Samoanna/サモアンナ
(マットカティンガブビッグバンド)→YOU TUBE


イントロの山垣健のピアノで始まり昨年に続き原田拓子の鍵盤ハーモニカがメロディの合間を縫ったソロを展開。
そして武藤浩司の叙情的な素晴らしいアルトサックスソロ。とてもムードたっぷりのいい演奏だったと思います


 
8.La Fiesta/ラフィエスタ
(角田健一ビッグバンド/角田健一編曲)→YOU TUBE


最後は角田健一さんアレンジのチックコリアのジャズワルツ。
菅沼威のフリーのベースソロでスタート。
途中の全員でのユニゾンソリは難しいがスリルがある。
ソロはピアノ山垣健・トランペット横尾昌二郎・ドラムス細畠拓、
スピード感のあるいい演奏ができたと思います。


 
そしてアンコール、、、今回もおなじみの
 
9.11PM(アンコール 1)

ソロ回しはピアノ山垣健→テナーサックス中田正一郎→テナーサックス栗田彰→
トランペット原田拓子&横尾昌二郎→ドラムス細畠拓を経てサックスソリの後は
トロンボーンセクション4人が全員それぞれ4色のカラープラスティックトロンボーン
“P-BONE”に持ち替えソロとアンサンブル、
そして恒例?大林登と磯谷昌利のトークコーナーへ
今年は、、、年々縮むユニフォーム、年齢のこと等、、、、、バックのメンバーも大笑いしてます。



ラストはピアノ山垣健→ベース菅沼 威→ボンゴ石田勇二
→コンガ石井晶→ドラムス細畠拓のリズムセクション
 
そしていつもの通り?ラストもう一曲!
10.In the Mood(アンコール 2)

ウエストウインズならではの“振り付”演奏ですがさて今回は、、、、
カラーのP-BONEが宙に舞い、そして客席を駆け回りました。
さて“被害”にあったお客様は?


 
11.Moonlight Serenade(closing)

さすがに走り回ったトロンボーンセクションは息が切れてますがそのまま?クロージングに!
 
ご来場いただいた皆様に感謝しつつ無事終了この後は打上。
すき焼き、しゃぶしゃぶ、肉食べ放題!

今回も沢山のウエストウインズファンの方にご来場いただき楽しくやり終えることができました。
ありがとうございました。
また次回も素晴らしいコンサートができるよう頑張りたいと思います。